わずか数%の人しかできていないPPCアフィリエイトで成功するための秘訣

Pocket

「PPCアフィリエイトは終わった」
「これからはYoutubeの時代だ」
「まだPPCなんてやっているの・・・。」

この噂は今でもなお語り継がれているものです。

PPCアフィリエイトは確かに変わりました。

どう変わったのか?

昔と違って

  • ペラサイト(商品画像とボタンだけ)で出稿はできない
  • ASPで提供する商品・サービスもリスティングOK案件(商品・サービスの名前で広告をだしてOK)がほぼない
  • 薬機法(痩せます、ニキビなおりましたなどの誇大表現)により広告がすぐにアウトになる

そのため多くのPPCアフィリエイターや
PPC関連の塾や教材が一気に身を潜めました。

昔はPPCアフィリで人気だった塾やプレイヤーも
今や別の事業(仮想通貨やFXなど)に転向している現状です。

そのため

「PPCアフィリエイトは稼げない」
「PPCはもうダメだ」

と噂がながれました。

しかし

PPCアフィエイトが本当に終わったというのは
YahooやGoogleが
「アフィリエイトをやらないでください」
といったときです。

そのときは従わないといけないので諦めましょう。

しかし現在どうでしょうか?

2018年9月現在、アフィリエイト禁止はされていない上
まだ広告をだして稼げている人がいます。

その背景としてYahooやGoogleも広告費で売上をあげている
点があるので中々切り捨てることはできないからだと思います。

つまり
YahooやGoogleからしたら私達は収入の源なので
余程の問題を起こさない限りビジネスを続けることができます。

今ライバルがごっそりと抜けている現在がチャンスなのです。

これからご説明するのは約9割の方がやろうとしない戦略です。

といっても「難しいすぎて私にはできないかも」と思う必要はありません。

初心者でもじっくり考えればできるシンプルな戦略になってます。

ただ簡単に楽してできるという訳ではありませんので
楽して成功したいと考えている人はこの先読まないでください。

準備できましたか?

それでは早速どうぞ

なぜPPCアフィリエイトで成果をだせない理由

なぜPPCアフィリエイトで思うような成果がでないのか?

答えは簡単です。

”成約までのイメージ≠お客さんの実際の行動”だからです。

成約までのイメージとは?

それはお客さんがどうやってあなたから
商品・サービスを申し込むための道筋です。

PPCアフィリエイトでいうと

1.お客さんが気になった「キーワード」をYahooやGoogleで検索

2.「広告」を見て思わずクリックする

3.「あなたのサイト(LP)」を見て欲しいなと思う

4.「公式サイト」を見て申し込む

イメージと現実のギャップ

成果がでないのは実際にお客さんが行動する現実と
ズレがあることが理由です。

1.キーワードの選定が間違えている

2.広告に魅力がない

3.LPを読んでも欲しいと感じない

4.公式サイトを見て幻滅

成果をあげていくには

方法は上記にあげた4つ
つまり

  • キーワード
  • 広告
  • LP
  • 公式サイト

をお客さんの悩み・願望に沿うように修正していけばいいのです。

しかし
公式サイトは変えることができません。

なぜなら

私達が公式サイトを作っているわけではないからです。

そのため

私達が修正できるのは

  • キーワード
  • 広告
  • LP

の3つです。

商品を購入しようとしているお客さんはどんなキーワードで検索するのか?

その人に対してどんな広告文を表示させればクリックされるのか?

その人に対してどんなLPを書けば誘導できるのか?

〇〇思考で考えろ!

〇〇は何が入ると思いますか?







答えは逆算です。

どういうことか?

普段考えるときは

キーワード→広告→LP→公式サイト

でする方が多いのですが、
これを

①公式サイトの分析
商品を買ってもらいたい方(誰に、特定の一人「ペルソナ」)
どんなことができるのか(何を)
を絞る

②LPの構成を考える
悩みや願望のレベルによってPASONA、AIDMA、QUESTの法則
に基づいて作ってみる

③広告文を考える
売り込み感を出さずに①で決めたペルソナが思わず
クリックしたくなるもの

④キーワードを考える
①で決めたペルソナがどんなことで悩み、どんなことを望んでいるのか
まったく検索されていないワードだと集客できないので
キーワードツールの活用

で考えていくことです。

〇〇思考のメリット

逆算思考のメリットとして軸がぶれないことです。

あなたの最終的なゴールは何でしょうか?

それは

公式サイトに訪れてお客さんに購入ボタンを
ポチッとクリックしてもらう

です。

公式サイトからじっくりとターゲット(誰)と訴求(何)を先に
決めれば途中でブレたりはしないのです。

最後に

PPCに限らずそうですが
大切なことは
「PCの向こう側にいる相手のことを常に考えてその人の悩み解決・願望達成
するにはどうしたらいいのか」を常に考えることです。

そのためには

  • ユーザーの心理を考える
  • 何が知りたくて検索したのか?
  • どんな悩み、疑問を解決したいのか?
  • 何を解決するための方法を知りたいのか?
  • 最終的に疑問を解決するためのゴールは何になるのか?

を考えないといけません。

どのビジネスも『お客さん』あってこそ。

この記事を読んであなたもライバル不在のPPCで
ガッツリと稼いでいきませんか?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です