リターゲティング広告を使って収益を数倍にしていく方法

Pocket

検索連動型広告の限界

PPC広告をやっており、ある程度運用が慣れた方が思う悩みとして

「売れる案件を見つけたけど、それなりに広告費がかかり、十分な利益が残せない」

「ライバルが増えてきてキーワードの入札単価が高くなり、赤字になるかも」

があります。

検索連動型広告(Yahooでいうスポンサードサーチ)はお客様のニーズに合わせた広告を
だすことができるので、広告を始める方にはやりやすいですが、ライバルが多いのが
現状です。

もし、広告がもう少し安く(検索広告の約1/3程度)で出稿できるとしたら
どうでしょうか?

そんなことできるの?とあなたは思うかもしれません。

それを可能にするのがディスプレイ広告(YahooでいうYDN)になります。

しかし、ディスプレイ広告というと多種多様にあり、全てをマスターするのは
至難の業です。

ここでは検索広告とマッチするリターゲティングに絞って解説していきます。

ディスプレイ広告とは

ディスプレイ広告は先程説明したように多種多様にあります。

その商品・ジャンルに興味関心がある人に対して広告配信させたり、
年齢、性別、地域を限定して広告配信させたり、過去にサイトに訪れ
たことがあるユーザーに対してだけ広告配信させたりと様々なアプロ
ーチが可能です。

また、掲載される場所も多いです。
YDNの場合、Yahoo!JAPAN関連サイトだけでなく
提携パートナーサイト(Naverまとめやマイナビ、毎日新聞など)にも
広告が掲載されます。

広告の種類が検索連動型広告がテキスト広告だけに対し
ディスプレイ広告はテキスト広告、ディスプレイ広告、テンプレート広告
と3種類あります。

しかし、現時点で全て覚える必要はないですし、使いこなす必要は
ありません。

リターゲティングがいい理由

図をみてください。

引用元

過去にあなたのサイトに訪問したことがあるユーザーにターゲットを
絞って広告配信することをリターゲティングといいます。

一度はあなたのサイトに訪れているので、興味・関心が少なくとも
あるお客様です。

一度目の訪問では購買には至らなかったとしても、再訪すれば購買す
る可能性が十分にあるのです。

サイトリターゲティングの始め方

YDNの場合アカウントを開設しないといけません。

開設のやり方はこちらから

開設した後、すぐ広告配信できるかというとそうではありません。

なぜならリターゲティングはあなたのサイトにお客様が訪問しないと
広告を出しても表示されないからです。

どうやってお客様が訪問したのかを知るのか?

それは、あなたのサイトに「タグ」と呼ばれる
YahooやGoogleがそれぞれの利用者に向けて発行する英数字の文字列を埋め込むこと
でわかります。

タグを発行してあなたのサイトに埋め込んだら
広告を作ります。

注意事項としてディスプレイ広告をだすばあい、
規約に違反した画像だと広告審査が通りません。
事前に確認しておいたほうがいいです。

最後に

検索連動型広告と相性がいいリターゲティングから実践し
慣れてきたらサーチターゲティングや他の出稿にもチャンレンジしたらいいでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です