リスティング広告をする上ではずせないキーワードツール17個

Pocket

あなたはきちんとリスティング広告をする上で
キーワード選定を怠っていないですか?

キーワード選定が間違えると、あなたの広告に
訪れないためいくら待っても成果があがりません。

ここでは、キーワード選定をする上で
使えるツールを紹介します。

キーワードツール

Googleトレンド

Googleトレンド

Google の代表的なトレンドキーワードツールです。

キーワードの検索需要指数が時系列のグラフで表示されます。
商標名等で検索して需要が多ければ、ある程度売れる可能性がある商品だ
と判断してもいいでしょう。

その他、検索需要が多いキーワードが「関連する検索キーワード」として
表示されるので、複合キーワード、関連キーワードを探すヒントとして使
えます。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

こちらも Google を代表するキーワードツールです。
複合キーワードはもちろん関連キーワード候補を探すツールとして、
さらには検索ボリュームやキーワードの競合性をリサーチする場合において
も必須のツールです。

ここ数年、仕様が変わって使いづらいという意見がありますが
未だに多くのアフィリエイターに支持されています。

Ubersuggest

Ubersuggest

Goodkeywood

Goodkeywood

googleサジェスト

googleサジェスト

ウーバーサジェスト、goodkeyword、Google サジェストの 3 つは複合キ
ーワード探しの定番です。
検索結果はよく似ていますので、あとは使い勝手の良さでお気に入りを決
めていただければいいです。

迷う場合はgoodkeywordがオススメです。

関連キーワードツール

関連キーワードツール

こちらのツールの大きな特徴は、複合キーワードだけでなく、
「Yahoo!知恵袋」と「教えて goo」からもコンテンツが取得できることです。
ユーザー目線のキーワードやサイト内記事の参考コンテンツを見つける
のに便利のため、使って損はありません。

Kizassi

Kizassi

今ブログで話題になっているトレンドキーワードやトレンドネタを見つけるのに便利です。
また、「チャンネル」タグをクリックすると、さらに細かいカテゴリーごとに
トレンドを見ることが出来ます。

kizasi.jpラボ

kizasi.jpラボ

こちらも Kizasi.jp のキーワードツールです。
関連キーワードだけでなく、その言葉と一緒に検索される言葉や連想語まで表示してくれます。

LSI調査

LSI調査

そのキーワードでの検索上位 10サイト内において、共起語を分析できるツールです。

Lisket

Lisket

競合他社の広告分析ツールです。
ライバルがどんなキーワードに入札しているのか、
どんな広告文で出稿しているのかが丸わかりになるツールです。
有料ツールですが 2週間だけ無料お試しができます。

aramakijake

aramakijake

関連語として複合キーワードを見つけるだけでなく、GoogleとYahooの
掲載順位別の月間検索アクセス予想数がわかります。

キーワードウォッチャー

キーワードウォッチャー

人気のキーワードがいつ、どれだけ検索されたのかが、過去 13ヶ月分の
データから知ることができます。

「関心ワード」が取得できるところがこのツールのいいところですが
有料プランの契約が必要となります。

アフィリエイトルーム

アフィリエイトルーム

共起語抽出ツール、Bing 関連語検索ツール、FAQ サイト一括検索、自動
日記ジェネレータ、リンクタグジェネレータの5つのツールをまとめたサイトです。

Keywordfinder

Keywordfinder

SEO 対策用のツールです。
検索数や難易度から判断するキーワード選定はもちろん、
簡易なSEOチェック機能や、キーワードごとの順位を毎日自動取得してグラフ化できます。

キーワードごとに、CRC(平均クリック単価)を自動取得してくれるので
PPCをやる上で非常に便利です。
7 日間の無料体験お試しでその後は有料です。

GRC

GRC

こちらも同じくSEOのツールです。

KARABIBER

KARABIBER

Found

Found

複合キーワードの掛け合わせに便利なツールです。
どちらもそこまで機能としては変わりません。
KARABIBERが人気ですね。

使っておくべきツール

たくさんのツールを紹介しましたが、
全部使う必要はありません。

あくまでもキーワードの需要があるのかどうか、
キーワードの組み合わせを生み出すツールであれば
あとは好みで使っていただければと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です