誰にでも簡単にできるキャッチコピーの作り方とは?

Pocket

キャッチコピーという言葉ですが
あなたも普段何気なく使っていて本当の言葉の意味を理解していますか?

キャッチコピーとは

キャッチ=相手の心をつかまえる
コピー=文章

をいいます。

「いいのが思い浮かばない」
「どんなキャッチコピーが反応がいいの?」
ともしかしたらあなたは思うかもしれません。

しかし安心してください!!

作り方にはコツがあります。

ここでは誰にでもできることに注目して
効果的なキャッチコピーの作り方を解説していきます。

反応のいいキャッチコピーの型

悩み解消型

「なぜ、〇〇(具体的なターゲット)は▲▲(悩み解消)するのか?」

新情報型

「〇〇なあなたへ重大発表」「ついに(いよいよ)〇〇が!」

価格メイン型

「〇〇( 商品)がたったの▲▲円」「今なら〇〇( 商品)が半額!」「女性は完全 無料!男性は▲▲円」「〇〇(商品)の30日間無料お試し!」

期限型

「〇〇ください。そうすれば▲▲(見込み客がほしい成果)を出してみせます。」

常識を覆す型

「〇〇でこんな間違いをしていませんか?」
「〇〇だけが▲▲(得られる効果)ではありません」)

問題提起型

「〇〇が起きたらどうしますか?」

エピソード型

「こうして私は〇〇になりました」「どうやって〇〇になれたのか?」

権威の逆説興味型

「〇〇(権威ある人)が困った時にするのがこれです」

一般論の逆説型

「〇〇(一般論)が簡単に▲▲(成功)になった方法」

暴露話し型

「〇〇(珍しい人)の告白」

欲求刺激型

「あなたが〇〇(簡単なこと)ができるなら▲▲(ベネフィット)を得ることができます」

ターゲット呼びかけ型

「〇〇したいあなたへ」「〇〇したくてもできないあなたへ」

実績/証拠提示型

「〇〇(商品)は▲▲人以上の人を●●(成功例)にしてきました」

回答暗示型

「〇〇したければ、まずは下にある▲▲を行なってください」

怠け心刺激型

「あなたが〇〇(怠け者)だったとしてもできます」

秘密の暗示型

「この〇〇を知る前に▲▲してはいけません」

リスト型

「〇〇の3つの方法」「〇〇の3つの習慣」「〇〇の3つのステップ」

キャッチコピーを作る上で意識しておくこと

ターゲットを出来る限り絞っているか?

「誰に向けての内容なのか?」
人はそれぞれ悩みや願望はそれぞれ異なるものです。

読み手に「この記事(文章、広告…etc)は自分に関係ある」
と思ってもらわないと読み手はあなたから離れていきます

悩みや願望を盛り込んでいるか?

人にはそれぞれ抱えている悩みや実現したい願望が
あります。

あなたの書いたキャッチコピーが読み手の悩みや
願望をしっかりと伝えられているか?

ベネフィットを伝えきれているか?

読み手は商品やサービスがほしいわけではありません。

その後の得られる楽しい未来を望んでいます。

自分の商品(紹介する商品)が読み手にとって
どんなベネフィットを得られるかをしっかりと
リサーチしましょう。

具体的かどうか?

抽象的な言葉、曖昧な言葉に対して人は「?」になり興味をなくします。

できるだけ具体的(数字や例え)に書きましょう。

全てを明かしていないか?

キャッチコピーの役割は
「興味をもってもらい、続きが読みたくなる」
ことです。

そのためネタバレすると相手は興味を失います。

ギャップがあるかどうか?

人はギャップに興味をもちます。

”最低な状態から最高の状態へ”
”予想外の展開”
”ありえない組み合わせ”
…etc

ストーリーにして伝えると効果的です。

強い言葉を使っているかどうか?

ここでは相手の心に「おっ」と思わせるパワーワードのことです。

「1日5分」「聞くだけで」などの簡単さ
「究極」「詐欺」「禁断」などの人を惹きつける言葉
「業界初」「発表」「公開」「限定」などニュース性のある言葉
…etc

読み手の心を洗脳する言葉をストックしておきましょう。

質問を使っているかどうか?

人は質問されると反射的に答えようとするものです。

相手が続きを知りたくなるような問いかけをしましょう。

最後に

キャッチコピーとはいわば
”その商品・サービスのファーストコンタクト部分”です。

私達人間も始めて他人に会う時
「コイツ感じ悪いな」
「コイツ、自分と合わないな」
と思ったら今後付き合うのをやめますよね?

逆に
「コイツいい人そう」
「コイツと趣味・思考あう」
と思ったら今後も関わっていこうと思いますよね?

そうです、全ては第一印象で決まります。

心理学で”初頭効果”と呼ばれるものです。

いかにして相手の心をつかむのか?

そのためには相手のことを考え
深く知ることが大切です。

「完璧で綺麗なキャッチコピーを作ろう」
と思ってはいけません。
それではキーボードの手が止まって
なかなか進めることができません。

何が正解で何が間違いかは
相手=お客様が決めることです。

反応がなかったら修正すればいいのです。
やり直しが効く世界ですから。

あなたもこの記事を読んで
今すぐ相手の心をつかむ
キャッチコピーを作りませんか?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です